輪島キリモト

シェアする

IMG_5590

輪島を訪れるのは五度目。能登は雨が多いらしいのだが、私が来る時はいつも晴れ。この日も夏の太陽がまぶしい朝だった。自転車を借りて街中から10分ほど走らせる。地元の方は暑い暑いとおっしゃるが、東京に比べたら風が爽やかだから苦にならない。右には青い海が見え隠れし、左には草木の緑が広がっている。黒い板塀に黒い瓦の能登独特の家並を眺めながら進むと、やがて工房というよりは工場(こうば)といった外観風情の「輪島キリモト・輪島工房」に到着した。

IMG_5598

桐本泰一さんは、輪島にて木と漆の仕事に携わってきた桐本家の七代目。

IMG_5595

桐本家は江戸後期から200年以上、石川県の輪島の地で木と漆の仕事を引き継いできた。輪島塗は元来分業制で成り立っており、商品プロデュースと販売を担う塗師屋が、木地・下地・塗り・加飾など、それぞれの専門の職人に仕事を発注する。桐本家が繊細な木工‘刳りもの’を専門とする朴木地屋に転業したのは昭和初期。桐本泰一さんの祖父である。現在は六代目俊兵衛氏の死去により、朴木地屋である「桐本木工所」を昇華させて商号を「輪島キリモト」へ改称。暮らしを応援するオリジナルブランドの漆器を次々に生み出している。

今から20年ほど前のこと。バブルがはじけ、平成3年にピークを迎えた輪島塗業界の売り上げにも陰りが見えていた。ある日、若き桐本泰一さんがある下地作業をしていた漆塗職人と話をする。
「蒔地の下地を前面に出すことはできるんかな?」

DSC03187

この話を聞いた瞬間、私の脳裏にある人の名前がよぎる…。バーナード・リーチ!

さかのぼること45年前の1971年、日本の民藝運動の立役者バーナード・リーチが輪島を訪れた。ある工房で下地段階のお椀を見て言う。「これで完成しているじゃないか。」
ときは高度経済成長期。多くの名工を輩出し、商社や百貨店によって大々的に売り込まれていった輪島塗はその名声をほしいままにしていた。100を超える工程、ふんだんに使われる漆液、塵の一点も刷毛目の一筋も残らない滑らかな仕上がり、金銀で施される豪華な加飾。匠の技と贅を尽くした漆器を手掛ける誇り高き職人たちにリーチの言葉はすぐには響かなかった。珪藻土を混ぜた漆の荒い下地肌。下地のままでは、食べ物の色も臭いもついてしまう。何をどう見たらこれで完成なのか。

それでもその言葉は輪島に大きな足跡を残していった。リーチの言葉を直接聞いた沈金の名手、故 角偉三郎(かどいさぶろう)は、次第に不完全なものが持つ美に気づき、のちに隣町・柳田村の雑器、合鹿椀(ごうろくわん)の魅力にとらわれていく。

時を経て約20年前の1996年頃、桐本さんは下地肌を不完全なものではなく、完全なるものへと仕上げるために探究を開始する。3年の月日をかけて、ついに独自技法「蒔地(まきじ)」を編み出した。下地に使われる地の粉を表層部にも蒔いて、さらに漆を塗り重ねることによって、独特のマットな漆肌と金属のカトラリーにも負けない丈夫さを実現させた。
開発当初は輪島では大不評だったらしい。分業が基本の輪島において朴木地屋が新たな漆器を生み出すこと自体が異例であったし、見たこともない蒔地の肌は「汚い」とまで言われ、非難されたこともあったという。今では輪島キリモトを代表する商品のひとつであり、TVで取り上げられたこともあって輪島内外から注目される技法として認知されている。

キリモト高麗皿重ね

その後、2008年(平成20年)、輪島キリモトには「千すじ」という商品が仲間入りする。まさにバーナード・リーチが見た美を具現化したもの。地の粉の肌に美しい筋を残す刷毛目。落ち着いた深みのある色はどんな料理をも引き立てる。
輪島キリモトの「蒔地」も「千すじ」も、決してコストカットのために上塗りを省いたものではない。手間はかえって増えているかもしれない。使いやすく且つ美しくあるために桐本さんが年月をかけて生み出した漆の新しいデザインだった。

「デザインは今の暮らしをもっと気持ちよく便利にするためのもの」桐本さんは言う。
家業に入る前に大学と企業でデザインに携わり、輪島に戻ってからも常にデザインの役割を意識してモノづくりをしてきた。単にオシャレとかカッコいいとかいう要素だけではなくて、使ってこそ分かる真の良さを伝えるデザイン。漆器というモノが桐本デザインを介して暮らしに溶け込んでいく。

朴木地屋であることはデザインを具現化するための強力な武器でもあった。たとえばスプーン。融解した金属を型に流し込むのとは違い、木地のスプーンはどうしても人の手をかけて仕上げなくてはならない。優美で持ちやすくて一定の強度を要するスプーンの製品化は、豊富な経験と技術を蓄積してきた工房だからこそ実現できる。

IMG_5600

常に新しい分野へと突き進む桐本さん。かつて、1995年(平成7年)、地元若手を集めて勉強会を始めている。それまで男性社会だった業界の常識を破って女性も呼び込んだ。興味を持ってくれそうな人を一人一人訪ねて説得したという。しかし新しいことを始めるときには反対・批判はつきものだ。やはり障害は大きくて、勉強会は余り長続きしなかった。それでも現在輪島で多くの女性たちが活躍しているのは、この活動があったからに他ならない。

熱い語り口と強い目力で様々なネットワークを築き、異業種・異素材とのコラボレーション、海外有名企業との協業にも積極的だ。それでも常に軸がぶれることはない。漆と暮らすことが当たり前の輪島という土地から、暮らしに溶け込む漆器を生み出し発信する。

さて今、その桐本さんが次に取り組もうとしているのが五感で感じる漆の魅力の数値化である。輪島で数百年続いた木と漆の産業がこれからも継承されていくためには、やはり現代にあった分かりやすい手法でのコミュニケーションが必要。そのために、「数値化」という新たな分野に産学連携でチャレンジするという。

最近、私自身も漆の魅力の伝え方を模索しているのだが、それを数値化するという発想にある種の衝撃を受けた。と同時にとても嬉しくなった。これまで多くの産地、作家の仕事を見せていただいたけれど、桐本さんほど常にエキサイティングな驚きを提供してくれる作り手はいない。
輪島の木地屋の家に生まれ、堅牢優美な「輪島塗」の真の良さを理解していたからこそ、伝統の枠を飛び出して新たなデザインを世に送りこんだパイオニア。歩んできた道は、決して平たんではなかったと思う。伝統とは革新の蓄積であるとはよくいうものの、実際に世の中に受け入れられる革新を興すことは容易なことではないのだ。それを敢行してきた人だからこそ、新たなチャレンジには説得力がある。地元輪島への愛がある。

私が「蒔地」の皿を使い始めて5年。毎日とは言わないまでも、かなりの頻度で食卓に登場する。軽くて、持つときにも滑らなくて、料理が驚くほどに映える。伝統的な輪島塗が使い込むほどに艶を増すように、蒔地の皿も少し滑らかになり色味も明るくなってきた。一方スプーンはわが家に来て3か月。毎朝のヨーグルトには欠かせない存在に。

FullSizeRender

漆器は育てる器。人の暮らしとともにあるべき器。桐本さんの思惑通り、輪島キリモトの漆器は私の暮らしに気持ち良く溶け込んでいる。

別れ際、「桐本さんの写真を撮らせてください。」とお願いすると、少しはにかんだような柔らかな笑顔をこちらに向けてくださった。

13706134_1038893372873042_1123993622_n

つい先ほどまで、圧倒されるほどの強い目力で、自らの仕事について熱く語っていた人とはまるで別人がそこにいて、ああこの人の魅力はこれなのだと私も自然と笑ってしまった。これほどまでに愛情深く、まっすぐに、溢れる熱エネルギーを放出しながら挑戦し続ける漆びとを、私は桐本さん以外に思い浮かべることができない。

訪問先: 輪島キリモト

「輪島キリモト 漆のスプーン 小」
https://www.feeljstyle.com/items/8297596