浄法寺の漆掻き

浄法寺の漆掻き

6月、漆掻き職人は樹齢15年ほどになった漆の木に軽く傷をつける。 まるで語りかけるように。 「今年は漆をとらせてもらうよ。」 それからひと夏かけて、じっくりと漆を掻く。傷をつけては滲みだ...