飯南町の大しめなわ創作館

シェアする

神社を参拝するときに目にするのが注連縄(しめなわ)。

FullSizeRender (36)
写真は島根県にある出雲大社の大注連縄。その迫力には誰もが思わずカメラを向ける。重さは約4.4t、長さは約1.5m。
この立派な注連縄を製作したのは島根県飯南町の「大しめなわ創作館」である。出雲大社にかぎらず、全国から大小さまざまな注連縄の注文が舞い込んでくる。

広い作業場には規則的に整えられた青い稲わらの束が広げられていた。床に座り込んで黙々と作業を進める人々。

FullSizeRender (38) FullSizeRender (37)

注連縄の稲わらは、コシヒカリなどの稲よりも丈が長いものを青いうちに刈って使う。出雲大社に奉納する注連縄のサイズになると稲わらは1.5ha分。稲を育ててからしめ縄を製作して出雲に納めるまでの期間は1年半にも及ぶ。

製作の基本になる技術は「縒り」。
職人が稲わらに縒りを加えていくと決して解けない注連縄が出来上がっていく。思わず、「これは接着剤か何かで固めているのですか?」と聞いてしまったほど、仕上がりはガッチリと硬い。

???????????????????????????????

その後、小さな注連縄作りを体験させてもらった。

FullSizeRender (39)
左右の手に持った稲わらの束をそれぞれ捻り、さらにその二本を捻る、の繰り返しなのだが、これがかなり力のいる作業。途中でギブアップしかけたら棟梁が手伝ってくれた。

FullSizeRender (40)
私が20分ほどかけて必死に捻っていたところを、ものの数十秒でシャシャシャーっと縒ってしまう棟梁。
素人と比べること自体が失礼かもしれないが、目を見張るほどの職人技にはまさに脱帽だった。

飯南町には山間に美しい田園風景が広がる。

稲を育て、稲わらを使って注連縄を作り神社に奉納する、その営みに、まさに日本の稲作信仰の原点を見た思いがした。

DSC01684taisha

大しめなわ創作館では、注連縄製作の見学・体験を受け付けている。

FullSizeRender (41)

訪問先

島根県飯南町 「大しめなわ創作館」

島根県飯南町の大しめなわ創作館では、出雲大社神楽殿の大しめ縄に代表される「しめ縄づくり」の技術と文化を伝承し、しめ縄の制作・展示・販売を行っています。神社用しめ縄制作のご注文も承っております。