9/3(月)「日本を楽しむワイン講座-浄法寺漆と岩手ワイン-」@自由が丘ワインスクール

シェアする

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然

「日本を楽しむワイン講座-浄法寺漆と岩手ワイン-」

「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、ソムリエ協会が日本酒の資格試験を実施し、ワインファンの間で日本ワインが盛り上がりを見せている今日。

ワインの視点から漆器を見てみる稀有なセミナーがあります。

自由が丘ワインスクールで開かれる「日本を楽しむワイン講座」。

今回のテーマは「岩手」です。

「え? 漆? ワイン??」とキョトンとした方は、ぜひいらしてください。実は漆とワイン、とても共通点が多いんです!

いまや国内漆需要の2パーセントまで減ってしまった希少な国産漆の最大産地である岩手県。
セミナーでは、漆器だけではなくて、ウルシの木のこと、漆掻きのことをお話します。

そして現在急成長を遂げている岩手産ワインについても学びます。
東京では入手できない珍しいワインも登場!

岩手のワインについてを教わりながら、岩手の浄法寺塗による試飲を行います。

講師たちも打ち合わせ段階で試飲しながら「おー!!」と叫んだ「漆とワインのマリアージュ」。ぜひご体験ください。
■日本を楽しむワイン講座-浄法寺漆と岩手ワイン-

日時:2018年9月3日(月)19~21:00
講師:加藤千晶、蜂須賀紀子
受講料:6,000円(税別)
試飲ワイン:岩手ワイン4種(予定)
■講師

【加藤千晶 Chiaki Kato】
欧米のラグジュアリーブランドで店舗運営、販売促進のマネージメントを経て、2013年10月に FEEL J を設立。日本の地域特産品や、新しい視点で伝統をとらえた工芸品の企画・販売を行っている。日本の木と漆、四季を楽しむ暮らしを提案するセレクトブランド「FEEL J Style」主宰。特に漆について造詣が深く、2016年より「ウルシスト」として活動開始。漆文化を楽しみ育てる活動「Act.CSU」を始動。2017年、漆文化を学ぶ「ウルシスト講座」を開講。

【蜂須賀 紀子 Kiko Hachisuka】
JSA 認定ワインエキスパート / チーズプロフェッショナル。早稲田大学第一文学部卒。料理好きが昂じてフランス料理界に足を踏み入れ、都内フランス料理店での料理長経験を経て渡仏。本場フランスの食文化を学ぶ。帰国後、飲食関係の通訳や講師などを行う傍ら、フランス食文化や歴史を伝えるセミナーを開催。ワインと料理のマリアージュに関する造詣が深い。ワインアロマセラピー協会ワイン監修。日本ワインの啓蒙活動にも取り組んでいる。
■お申し込み
下記ページよりお申し込みください。
http://www.jws.bz/kouza/urushi/