今年も会津のウルシの植栽活動がスタートしました

シェアする


2018年5月13日(日)、
会津若松市で漆の植栽活動をしているNPO法人はるなか 漆部会さんの、今年度初活動に、Act.CSUのサポーターさんと共に参加してきました。

朝9時からウルシの植栽地で下草刈り。雨予報でしたが、気合いで?なんとか持ちました。

それぞれの木の周り半径1mほどをきれいにして、必要な日当たりと水はけを確保します。
広いところは電動刈払機でブーンと、木の近くは鎌で手刈りで、皆で手分けして進めました。

この日は親子連れの方も含めて30人近く集まっていました。はるなかさんの活動には、一昨年から年に1度参加させていただいていますが、来るたびにウルシの木が成長し、そして参加者の方も増えていることに感動します。
20代の若者も多くて、肉体労働には大助かり!

終了後は、ウルシの芽や若葉の天ぷらでお昼ごはん!

その場で天ぷらを揚げ、お味噌汁も作って…。
お椀はマイ椀を持ち寄りです。

ひと仕事したあとに、青葉が眩しいウルシの木を眺めながらのご飯は美味しいですね。
ウルシの芽の天ぷらは1年に1回ですが、下草刈り活動のあとは毎回、皆でご飯を食べているそうですよ。「これが楽しみになんです。」という若いメンバーの言葉に思わず納得!

いよいよ下草刈りシーズン到来。
これから夏が近づくほどに下草の勢いが増していきます。ウルシの木は人が手入れをしなければ下草に埋もれて枯れてしまうのです。

これから秋まで、定期的にはるなかさんの活動が続きます。ボランティアも募集していますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

【今年度活動スケジュールのお知らせ】会津で国産漆の再生を目指し休耕地等でウルシの木の育成活動をしているNPO法人はるなか・漆部会です。会津も春まっさかり、私たちの今年度の活動もいよいよスタートです。今年の活動スケジュールは下記の通り…

NPO法人 はるなか 漆部会さんの投稿 2018年4月24日(火)

Act.CSUでは、活動開始当初からNPO法人はるなか漆部会さんの活動を応援してきました。
昨年度もほんのわずかではありますが、Act.CSUのサポーター年会費の中から活動資金の寄付をさせていただきました。漆掻きができるときまで、応援を続けたいと思います。

Act.CSUの活動は、サポーターのご支援に支えられています。
活動に共感してサポーターにご登録くださった方には
月に1度のメールマガジンと、イベントの優先案内を送らせていただきます。

サポーター登録は年会費1000円です。
ご申し込み、お問い合わせは
act.csu@feelj.jp (担当:加藤千晶)
まで、①お名前 ②メールアドレス ③Act.CSUを知ったきっかけ とともに、お知らせください。

発起人 FEEL J 加藤千晶