3/21 引頭佐知先生と学ぶ『和食のたしなみ講座』

シェアする

出汁とり教室が人気の引頭佐知先生と
季節ごとに和食を基本に立ち返って学ぶ

『和食のたしなみ講座』

を開講いたします。

忙しい日常の中ではついおろそかにしてしまいがちな食生活ですが、
小さな習慣(たしなみ)を身につけるだけで、体も心も心地よく整います。
器には漆器を使います。和食には欠かせない手触り、口当たりの器です。

食は日々の健康の基、癒しのひととき、そして大切なコミュニケーションツール。
自宅で、おもてなしやビジネスの場で、さまざまなシーンで活かしていただきたい内容です。

「第1回 和食のたしなみ講座 ~春の汁椀と茶の湯の点心~」

-日時  3月21日(祝)11:00~14:00

-場所  乃木坂 和食ラボ(乃木坂駅から徒歩3分。ご参加の方に詳細お知らせします。)

-定員  6名程度

-会費  12,000円(税込)

-持ち物 エプロン、筆記用具

-内容
季節の汁椀を主役に、【作る】【盛る】【いただく】のプロセスを深く丁寧に掘り下げながら、和食の基本を学びます。
今回は汁椀として、春のお吸物を作ります。

【作る】
お吸物のお出汁はカツオと昆布。私たちのカラダを作る大切な基本。
出汁の取り方はもちろんのこと、材料の選び方も学びます。

【盛る】
お吸物を盛る漆のお椀は日本古来の食文化の基本。蓋付の漆椀を使います。
美しい盛り方のほかに、漆器の扱いや見方、選び方もじっくり学びます。

【いただく】
汁椀をはじめ、和食を美味しく美しくいただくたしなみを、茶の湯の点心のスタイルで学びます。

調理実習はお出汁とお吸い物です。
召し上がっていただくお食事は、茶の湯の点心形式になります。お吸物以外の調理はありませんが、盛り付けは実践します。
食材アレルギーのある方はお申し込み時にご申告ください。ただし、講座の内容によってはご希望に添えない場合もございます。

<<お申込み>>
メールにて、ご参加者氏名、当日連絡可能なお電話番号を、
mail@feelj.jp(担当:FEEL J  加藤千晶)までご連絡ください。
こちらからの返信をもって、受付終了となります。

和食講師 プロフィール
引頭佐知(いんどうさち)
料理研究家。山口市に生まれ、尾道市で育つ。
広告制作の仕事ののち、日本料理・中華料理を学ぶ。現在世田谷区・経堂にて「基本の和食をまなべる教室」を、港区乃木坂にて「プレミアムな和食をまなぶ教室」を主宰。
テレビ・ラジオ、雑誌などで料理を紹介している。
また、天然だし素材で「だしとり教室」も。1人でも多くの人に伝えていくことをライフ・ワークとしている。
(著書)引頭佐知さんのだしとり教室(アノニマ・スタジオ)、乾物のレシピ(池田書店)、料理上手になる!(NHK出版)他、
http://blog.goo.ne.jp/kinomian

漆器講師 プロフィール
ウルシスト 加藤千晶(かとうちあき)
フランス銀食器ブランド勤務時代に日本の漆のすばらしさを認識し、
以来、産地や作り手の自主取材をするなど、公私にわたって漆の魅力・課題の啓発活動を行っている。
日本の漆文化を学ぶ「ウルシスト講座」主宰。
木と漆のある暮らしを提案するセレクトブランド 「FEEL J Style」 オーナー。
日本の漆と漆文化を楽しみ育てる活動 「Act.CSU」 発起人。
裏千家 専任講師
http://feelj.jp/

ご参加お待ちしております!