ARTISANS

ウルシの木の活用を考える

ウルシの木の活用を考える

茨城県大子町でウルシ苗植栽活動に参加した後、 地元の漆掻きの岡慶一さんに貴重なお話を伺いました。 漆掻き職人としては若手の岡さんは、大子に来て漆掻きを始めて10年目。 現在、漆掻き後...

根来寺 根来塗

根来寺 根来塗

根来寺の根来塗を訪ねました。 かつて、根来寺の僧侶たちが仏具や自らが使う食器のために作っていた根来塗は、 400年以上前に秀吉の侵攻によって途絶えてしまい、幻の塗りと言われるこ...

漆刷毛が繋ぐもの

漆刷毛が繋ぐもの

職人は美しい。 改めてそう思わせてくれたのは、若き漆刷毛職人の内海志保さん。 会うのは2度目。1度目は、あるフォーラムで挨拶と立ち話をした程度でした。にもかかわらず、仕事場の見学を快諾して...

タネを繋ぐということ

タネを繋ぐということ

会津伝統野菜の自然栽培農家、長谷川純一さんを訪問。長谷川さんは「人と種をつなぐ会津伝統野菜」会長を務めている。 '種をつなぐ'とはどういうことか。 現在流通している野菜のほとんどはF1...

輪島キリモト

輪島キリモト

輪島を訪れるのは五度目。能登は雨が多いらしいのだが、私が来る時はいつも晴れ。この日も夏の太陽がまぶしい朝だった。自転車を借りて街中から10分ほど走らせる。地元の方は暑い暑いとおっしゃるが、東京...

会津の漆びと vol.2

会津の漆びと vol.2

会津滞在2日目。「NPO法人 はるなか 漆部会」の活動に参加させていただいた。 日本の漆文化を繋いでいくために漆の植栽を拡大することが不可欠だと感じていたので、実は今回の会津訪問の大きな目的のひ...

会津の漆びと vol.1

会津の漆びと vol.1

会津の漆を訪ねた。 木地師、塗師、蒔絵師、そして漆の植栽活動をするNPO法人。 教わったこと、伝えたいことが多すぎる。 会津をもし一言で表すなら、近世以降の日本の漆の歴史、そして今を、そ...

飯南町の大しめなわ創作館

飯南町の大しめなわ創作館

神社を参拝するときに目にするのが注連縄(しめなわ)。 写真は島根県にある出雲大社の大注連縄。その迫力には誰もが思わずカメラを向ける。重さは約4.4t、長さは約1.5m。 この立派な注連縄を...