タネを繋ぐということ

シェアする

会津伝統野菜の自然栽培農家、長谷川純一さんを訪問。長谷川さんは「人と種をつなぐ会津伝統野菜」会長を務めている。

img_6869

‘種をつなぐ’とはどういうことか。
現在流通している野菜のほとんどはF1種といって、収量や見た目の良さを優先させた品種改良されたもの。F1種を育てても次の世代の種を取ることはできない。
一方、伝統野菜のような固定種は、収穫量は少なく見た目も不ぞろいではあるものの、自ら種を残すことができる。これは生物として自然な姿。
長谷川さんは会津の伝統野菜を育てることで、ふるさと会津固有の文化を残すことに加え、本来の人間の生きる知恵と力を次世代に伝えようとしている。

img_6683

自然栽培に取り組むのも同じ理由から。肥料で甘やかされない強い土を作ることで、野菜は病気に負けない力を取り戻し、ひいてはそれを食べる人間の体も強くする。化学的に作られた食物を毎日摂取して、病気になったら薬漬け、というのはなんとも不自然なこと。

化学肥料も農薬も、爆発的に人口が増えた戦後日本の食糧と経済を支えるために必要だったのだと思うものの、やはり現代人のために、そしてなによりも未来の子供たちのために必要な農業を、長谷川さんは自らパイオニアとして実践している。

自然栽培といってももちろんただほったらかしとけばいいのではない。植え方、土づくり、雑草取り。肥料や農薬をかける代わりに手をかける。1反当たりの収量は減るし、始めて間もないころは明らかに出来が悪いし、長谷川さんは地域の変わり者扱いだった。数年を経て徐々に収穫が安定し始め、長谷川さんの取り組みを応援するファンもついてくる。すると、地域でも一目置かれる存在になって、今年からはお弟子さんもはいった。

img_6764

長谷川さんの畑で赤ちゃんほどの重さのある黄色いきゅうりに出会い、急遽「人と種をつなぐ」活動に参加することに!

img_7381

今が旬の「余蒔ききゅうり」。青臭くなくて瑞々しく、緑色の皮が柔らかいこの胡瓜を、食べ頃で収穫せずにそのまま育成すると、長さ40cmほどの巨大な黄色いきゅうりに成長する。
きゅうりは元々’黄瓜’だったとか。

東京に戻り、早速「余蒔ききゅうり」を抱えていつもお世話になっている食x農のコワーキングスペース「銀座ファーマーズラボ」へ。
スタッフのお二人と一緒に種採り開始。

img_6802
一つ一つ種を外し、周りのゼリー状の部分を剥がして……なんと地道な作業〜〜!!
採った種は水に浸けて沈んだものが合格。
大人3人でおしゃべりしながら小一時間、ようやく半分の種を採取終了。

長谷川さんからは会津小菊かぼちゃも購入。これは日持ちがするので後日料理して、中の種は長谷川さんに送り返すことに。

20160825aizu1

人と種をつなぐ活動、今後も機会があれば参加したい。

そして、長谷川さんのもう一つの取り組み「会津農書を語り継ぐ会」についてもまたじっくりお話を伺いたいと思う。

訪問先:

会津伝統野菜農家 / 「人と種を繋ぐ会津伝統野菜」代表 / 「会津農書を語り継ぐ会」会長

長谷川純一さん